線香の煙
今までにあった修羅場を語れ【その12】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1436454534/
899: 名無しさん@おーぷん 15/08/28(金) 20:25:48 ID:log
数年前に夫が死んだ。事故だった。
はっきり年数を書くと
ひょっとすると身バレするかもしれないんで伏せるけど
年単位で前の事なのは本当。
昨日今日の話ではない。

当時だって普通に(人並みにって意味で)悲しかったし
まだ子供もいなかったけど呆然とした。
なんというか「今後の人生が今まで思ってたものと全然違ってきちゃうんだ」
みたいなことを考えて呆然とした。
「もう後はどっちかが死ぬまでずっとこの人と一緒!」みたいに思ってたのが
こんなに急にその日が来るとは信じられなかった。
でも取り乱して泣きわめくまではいかなかった。
事故は夫の身内(姉妹兄弟の誰か。これ以上は伏せます)も一緒にだったので
義理の両親の嘆きようはとてもとても深かった。
一度に我が子が二人もだから無理もなかった。
特に義母はお気の毒で見ていられないくらいだった。
老いつつある親より子が先に逝くということは、
こんなに辛く悲しいことなんだと。
そしてそれを目にしていたら
「そうか、私はたった数年一緒だっただけなんだよなあ…」
みたいな気持ちが湧いてしまい
義母以上に泣くのも何か申し訳ないとか思ってしまった。

それからまた私は一人暮らしに戻り、数年たって
学生時代に仲の良かった子からたまたま連絡が来た。
彼女は私が結婚したことは知っていたが夫と死別したことは知らなかった。
用件は他愛のないことで(学生時代の恩師の今の連絡先分かる、とかそんな程度)
それ自体はさっさと終わってしまったんだけど
二人とも名残惜しい感じでいろいろとお喋りした。

彼女は既婚で子供はまだ。今は旦那さんは長期出張中。
なぜかつい私も「ウチも旦那、今は居ないんだー」と言ってしまった。
その時点では嘘をついたとまでは感じてなかった。
彼女はそれを「出張中」という意味で受け取って(そりゃそうだ)
「出張中の旦那持ち妻」のネタで軽く愚痴ってきた。
「あるある!」と私も乗って喋った。
喋ってるうちに本当に夫は単に出張中のような気分になってきて
その電話の最中はすごく楽しかった。
900: 名無しさん@おーぷん 15/08/28(金) 20:26:02 ID:log
それから何度か電話で彼女と話をした。
彼女からかかってきたり、私からもかけたりした。
お互いの旦那の愚痴を言ったりノロケたりしてる。
大して長くなかった結婚期間のネタを掘り出して話してるので
私のほうがノロケは多いかもしれない。

近々、海外に行ってた彼女の旦那さんが帰ってくるそうだ。
「夫婦で一緒に会おう!」と言われている。
彼女の旦那さんと夫は確かに気が合いそう。
趣味も一部かぶってる。
ホームパーティがいいか、居酒屋がいいか、
なんて話まで出てくるようになって、
今さらなんて言えばいいのか分からなくて頭の中が修羅場。

彼女は私が本当のことを言っても多分怒らない。
そういう人ではない。
きっとすごく労ってくれて、泣いてくれるかもしれない。
昔も今も優しくて思いやりのある人だから。

早く本当のことを言ったほうがいいのは自分でも分かっている。
彼女にちゃんと謝らないといけないのも分かってる。
でもまだこの電話をやめたくない。
自分で自分の心理状態を考えてみたけど
「嘘がバレて困る」より
「この嘘をもう少し続けていたい」のほうが近い気がする。
夫がまだ死んでない世界で、夫の話を気兼ねなく人としていたい。
誕生日にあれもらったんだーとか、お返しに夫の誕生日はご馳走攻めだwとか、
こんな馬鹿やってこないだ怒ったんだとか、
同情されることなく喋り続けていたい。

馬鹿をやっている自覚はすごくあるし、
我に返ると彼女にも失礼だし申し訳ないし、
でも次の電話でちゃんと打ち明けられる自信がまだない。


自分のケツを叩くつもりでここに書きます。
言い訳もここにいっぱい書いたので彼女にはくどくど言い訳せず
ただひたすら心から謝ります。
長文すみませんでした。
901: 名無しさん@おーぷん 15/08/28(金) 21:06:29 ID:U8l
>>900
読んですごく切なくなった。
胸がキューっと締めつけられた。

言い訳じゃないよ。
すごくまっすぐな気持ちだと思う。

なんならこのスレこのまま友達に見せていいんじゃないかって思ったんだ。
902: 名無しさん@おーぷん 15/08/28(金) 21:14:59 ID:R6p
もう歳かなぁ
涙腺がゆるゆるだぁ
908: 名無しさん@おーぷん 15/08/29(土) 00:13:00 ID:oGc
>>900
旦那さんのことをずっとずっと愛しているんだね。
たくさんの思い出を大切にね。