豆腐とわかめのお味噌汁
ささやかな幸せを語る スレ
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1400771445/
127: 名無しさん@おーぷん 14/11/07(金) 12:09:51 ID:izdNKCHIv
家族とのささやかな幸せの話。

私は就職した会社を1年足らずで辞めてしまいました。原因はストレス。
自分はなんてダメな奴なんだろうと日々後悔していたら、
婚約者に「じゃあ家にいてよ」と言われ専業主婦になりました。

でもその時は罪悪感でいっぱいでした。
裕福じゃないのでギリギリ食わせてもらってる状態。
しかも家事はするけど、働いている人と比べて労働量もストレスも少ない。
身内にも「非常識だ」「働け」と言われ、その通りだと思っていました。
ある日の出勤前、婚約者が「今日は遅くなるから」と言ってきました。特に理由も言わない。
私は(ああ、浮気かな、今後どうするかな)なんてやけに冷静に、その日を過ごしていました。
そして夜帰ってくると、「話があるんだ」と言ってくる。今後のことかなと思いました。

すると、リビングに着くなり「今日は講演会に行ってきたんだ」と言う。
予想外だったので「どういうこと?」と聞くと、次のように話してくれました。

「行ってきたのは食育の講演会なんだ。はなちゃんの味噌汁って知ってる?
亡くなったお母さんの意思を受け継いで5歳から味噌汁を作る女の子の話。
俺その話聞いてウルっときたんだ。

味覚が完成されるのは5歳で、その完成度が人生の食事で大きな影響を与えるんだって。
だからね、きちんとした料理を作るのはお母さんにとってすごく大事なことなんだ。

それを毎日する君、そしてこれから子どもに受け継がせる将来を想像したら、
毎日ご飯作ってありがとうって、伝えたくなったんだ」


大体こんな感じの話をしてくれました。それを聞いた途端、胸が詰まって声が出なかったよ。
嬉しかった。私、一応役に立ってたんだと思うと泣きそうになった。

私は会社に利益をもたらす人でもお客様に還元できる人間でもない。
社会の役には立てないけど、それでも家族の役に立てたら、それでいいかなって思えたんだ。
思わせてくれた将来の旦那さん、ありがとう。私の大事な家族です。
130: 名無しさん@おーぷん 14/11/13(木) 00:02:36 ID:LvupkqGed
>>127
いつまでもお幸せに!
128: 名無しさん@おーぷん 14/11/11(月) 15:17:29 ID:5XCro8Gve
>>127
私も似たような経緯で専業してます。身体壊してパニック障害、慢性蕁麻疹で人前に出れなくなって、主人に助けてもらってます。周りの人には若いのに働かないの?って、責められることも多いし、自分自身を責めたりすることもありました。
今は専業主婦の達人目指してます笑
いろんな愛の形があると思います。いつまでもお幸せに!!


私の夫は朝の支度の時、靴下~って言ったら靴下が出てくると思ってる人。ギリギリなのに専業させてくれてるし、父も昔の人で亭主関白だったから男の人ってそんなものかなーぐらいで気にしてなかった。
「手が離せないから、自分でやって!!」って言ったら、文句言いつつ用意するし特に問題はないし、亭主関白ごっこだと思って楽しんでた。友人たちは理解できないって言ってたけど。

同棲期間も含め6年、今日初めて寝坊しちゃったんだ。
もちろん朝ごはんもなし、お弁当なし、着替えの手伝いもなし。
私が起きた時間にはもう出勤してていなかった。
テーブルには私サイズの小さめおにぎり二つとスクランブルエッグとウインナーがあって、手書きのメモがあった。

「お昼はおにぎり作って持っていったから、心配いらないよ。
起きたら、おにぎりと卵焼きとウインナーあるから、朝ごはんとお昼に食べてね」


スクランブルエッグじゃなくて、卵焼きだったのか!
一巻きもされてないのに!

夜帰ってきて、主人にお礼を言ったら、
「24時間体制で赤ちゃん育ててもらってるからね。3食昼寝付きにしてもいいぐらいだよ。自分でできることは自分でやる練習になったし、これからもやるよ(`・ω・´)」
「余裕ある時は、俺の準備もやっぱり手伝ってほしいな。仕事するぜっ気分でテンション上がるから(´・ω・`)」って顔文字みたいな顔で言われた。

本当にこの人と結婚してよかったなーと思いました。
早く赤ちゃん生まれてこーい、素敵なパパが待ってるよー!