人形のシルエット
何を書いても構いませんので@生活板58
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1519671388/
126: 名無しさん@おーぷん 18/03/02(金) 00:22:40 ID:7ur
中学生のある日きっかけとかも何もなく今の母親の前に違う母親がいたという記憶が蘇った。
それまで疑問に思ったことなかったけどアルバムを確認したら3歳頃まで母親と一緒に写ってる写真がなかった。

何ヵ所か写真が貼れそうな隙間があったけど多分前の母親が写ってる写真を剥がしたんだと思う。
そういう話は一度もしたことがなくて多分なかったことになっているんだと思って両親には何も聞けなかった。
夏休みになって父親にも今の母親にも黙ってこっそり産みの母親に会いに行くことにした。
朝から友達の家に行くふりをして家を出た。
電車で片道4時間かかる小学生になる前に住んでた土地まで行った。

詳しい住所までは知らなかったけど地区名が入ってた公園とか記憶の中の風景を頼りにしてなんとか「お母さんのお祖母ちゃん家」を探し出せた。
家の外観はうっすら記憶にあって間違いないと思って呼び鈴を鳴らした。

顔は全然記憶になかったけどお祖母ちゃんが出てきて名乗ったらすごく驚いてて奥から産みの母親を呼んできた。
産みの母親も泣きながら抱き締めてくれた。

産みの母親の顔はうっすら覚えてて記憶の中の前の母親と一致した。
私が訪ねてきた理由も近況とか何も聞かれなくて嬉しそうに大きくなったねって何度も言われた。

つけっぱなしのテレビを見ながら三人でたわいもない話をしてお茶を飲んでお菓子を食べただけだった。
本当にそれだけでなんにもなかった。
多分1時間もしないで帰ったと思う。

玄関を出てから産みの母親が追いかけてきて人形を渡された。
「○○(私)だと思ってずっと手元に置いていたけど私に会えたからもう必要なくなった。
だからこの人形はこれからは私に持っていてほしい」
と言われた。

名前はわからないけど多分今で言うぽぽちゃんとかメルちゃんみたいな人形だと思う。
正直いらないと思ったけど断れなくて受け取ってしまった。


帰りの電車でこれどうしようってずっと考えてた。
薄汚れて気味が悪かったのもあるし両親に説明できないような物を家に持って帰れないと思った。

それでも服が手作りっぽくて髪の毛もみつあみしてあって手編みのポシェットみたいなのを肩から掛けてて産みの母親なりに大事にしてたのかと思ったら気持ち悪いと思うこと自体申し訳ないと思った。
走る電車の中で席に座ってしばらく人形を両手に持ったまま眺めてた。

なんとなくパンツとか履いてるのかなって服の下を見たらパンツは履いてなくてお腹と股の辺りがズタズタに傷ついてた。
それを見た瞬間寒気がして人形を持ってるのが怖くなって途中の駅で電車が止まったときに降りて駅のゴミ箱に捨てた。

捨てるのも怖くて心の中で人形に何度も何度も謝りながら捨てた。
電車の中でもずっと心の中で謝り続けてた。


20年以上たつけどこのことは両親には何一つ言ってないし一生言うことはないと思う。
産みの母親にもあれから一度も会ってない。